• FUTURAMA

ウォン・カーウァイ映画の凡ては 原点にして傑作『欲望の翼』と交わる 1/3


欲望の翼 ©1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

 


衝撃と陶酔、そして喪失感


1990年に製作された香港映画界の巨匠、ウォン・カーウァイ監督の第2作目である『欲望の翼』 筆者は、1996年6月、テレビ 東京で特番「地球に墜ちてきた天使『天使の涙』をめぐる愛』を演出する際、監督デビュー作『いますぐ抱きしめたい』、監督第2作目の『欲望の翼』と続けて観たのが最初の作品鑑賞だった。


『いますぐ抱きしめたい』は、スタイリッシュな香港ノワール物でアンディ・ラウ、マギー・チャン、ジャッキー・チュンと3名のキャストは『欲望の翼』ともカブるものの、以降のカーウァイ作品特有の美学はさほど感じられない商業的な作品。監督第2作目の『欲望の翼』は、それまでの香港映画とは、異質の方向へ大きく舵を切っていて、数字を魔術的に使った独特な語り口とレスリー・チャンの天才的な演技に引き込まれる刹那的な陶酔感があった。

この映画を再び観るということは、今となってはもういないレスリー・チャンの喪失感をもろに味わうことになる。それは他の出演作でもそうであろうし、特にカーウァイ作品群の中では、『欲望の翼』に続き、『楽園の瑕』という武侠物はあったが、『欲望の翼』、『花様年華』、『2046』、これらが"60年代"3部作で繋がっていることを意識していても、やはりレスリーといえば、『ブエノスアイレス』を追想してしまう。今、『欲望の翼』を観るとそういうスイッチが入る。



『ブエノスアイレス』=『欲望の翼パート2』?説


撮影クリストファー・ドイルが『ブエノスアイレス』製作中の日々の日記をまとめた著作『ブエノスアイレス飛行記』にもこんな記述がある。

"車、色彩、孤立、汽車、同じキャスト、同じクルー、天候、耳慣れない言語・・・・・・ われわれはデ・ジャヴ(既視感)をおぼえはじめている。結局、われわれは無意識のうちに『欲望の翼パート2』の製作にとりかかっていたのかもしれない。〜 レスリーなどは、今日の撮影の準備をしている間、『欲望の翼』のテーマ曲を口ずさんでいる。〜〜 " 『ブエノスアイレス飛行記』より

『ブエノスアイレス』は、『欲望の翼』とのストーリーや設定、キャラクター上の繋がりはなく、続編などでは決してないのだが・・・・・・ 筆者も『欲望の翼』を見直した後、濃厚に思い起こしたのは、『ブエノスアイレス』だった。

『欲望の翼』が、少々、異形の映画となった理由の一つは、主人公の突然の死の直後、ラストに登場するトニー・レオン演じるギャンブラーの今はなき魔宮・九龍城砦にある頭がつくほどに天井の低い部屋での身支度シーンに度肝を抜かれるからだ。続編『欲望の翼2』があるのか? と誰もが予期したが、ついぞ製作されることはなかった。

よくある青春恋愛群像劇ではない。ただひたすら女たらしで自堕落で根無し草のような青年が自分の産みの母親を探して、香港からフィリピンへと旅して自滅する話。レスリー・チャンが強烈に演じる"脚のない鳥"である主人公ヨディは、香港という閉じた世界から無謀にも外の世界へと飛び立って行くことで自らの生を試す。

当初、ウォン・カーウァイはゲストスターとして、レスリー・チャンをキャストしていたが、ダンスも演技も上手なその芸達者ぶりに惚れ込み主役にしたのだという。


繋がれた60年代・3部作

そして、本作を改めて見直してみるとヨディにフラれた女、マギー・チャンが魅力的に演じるスー・リーチェンのことをヨディは、一番愛していたのではないだろうかと思えてくる。役柄の名前や一部の設定のみを継承した形式上の3部作と言われている『花様年華』(00)、『2046』(04)にもスー・リーチェンという人物は登場する。女優 原節子が小津安二郎監督作の中で共通するのは名前のみという紀子を全く別物の3作品(『晩春』、『麦秋』、『東京物語』)に渡って演じた「紀子三部作」と演出的発想のヒントのようなものは似ていなくもない。 幼少時のウォン・カーウァイが60年代に出逢っていたのかもしれない魅力的な女性像の姿をマギー・チャンが演じていたのかもしれない、などと久しぶりに『欲望の翼』、『花様年華』と『2046』を鑑賞して、妄想した。

欲望をカタチ作る画

撮影はどうだろう? 三脚に頼らずカメラをハンドヘルドで撮り、大胆なコマ落とし撮影をダブル、トリプルに焼き増ししたカーウァイ作品でも有名な尺伸ばし効果は、本作ではまだ影を潜めていて、撮影は、意外にも手持ちよりも特機を使った固定された状態でのミニ・クレーンショットが多い。

上から捉えることで神の目線のような客観性を醸す俯瞰 、そして、ツーショットを一画面に収めて、息遣いを感じさせるほどの距離感の対話をさせたりと本作で初めてカーウァイと組んだクリストファー・ドイルの苦労が実を結んだ撮影。既存のどの映画とも違う色彩設計をする上でのフィルター・ワークで相当な苦労をしたと聞く。


ウォン・カーウァイの全作品の美術・衣裳・編集を担当するウィリアム・チョンの仕事は、本作で、すでに冴え渡っている。カリーナ・ラウの衣裳の素敵さは、勿論のこと、マギー・チャン演じるスー・リーチェンのとても地味な服ですら、センスの良さを感じさせる。あの色彩感覚豊かなビジュアル設計と衣裳のセンス、そして撮り終わった映像を編集するという時間の掌握、もしもウィリアムがいなかったら、カーウァイ映画の特色はあれほどのインパクトとはならなかっただろう。


「一生飛び続け、風の中で眠り、"脚のない鳥"が地上に降り立つ時は死ぬ」ことを自分に擬え続けたレスリー演じるヨディは、フィリピンでの道中で非業の死を遂げ、そして、まるで、それを引き継ぐかのようにして、香港、九龍城砦の一室では、トニー・レオン演じるギャンブラーの身支度シーンで映画は幕を閉じる。このあたかもバトンを渡すかのような繋がりは、今、改めて見直すと意味のあることのように思えてならない。


レスリー・チャンというプロの中のプロタレントと

クリストファー・ドイルという酔っ払いキャメラマン

1996年冬、筆者は中国のチェン・カイコー監督の映画『花の影』のテレビ特番制作のために北京へ飛び、チェン・カイコー監督と女優コン・リーへの単独取材の後、香港のスタジオにてミュージックビデオを撮影中のレスリー・チャンを訪ね、取材をしてきた。身のこなしが軽く、ダンスも歌も上手く、明確に自分の考えを発言し、サービス精神旺盛で天性の芸能人とは、こんな人のことを指すと感じた。後にも先にもこんな人物に出くわしたことはない。

そして、同じ頃、神戸映画祭に来ていた『花の影』の撮影クリストファー・ドイルへの取材時に筆者の監督作である1997年の中国本土への香港返還を題材にした作品『タイフーン・シェルター』の撮影依頼をした。まだ何も動き出していないにもかかわらず、その場で快諾を得た。でも、単なる口約束だ。いつも酔っ払いのようにしか見えず、なんだかノリのよい人であったし、そんな話知らないと言われる悪い予想もしていたので、インタビューの最後にそのオファーをして、証拠撮りの意味も込めて、そのまま業務用βカムのカメラで収録してしまった。結局、その映像証拠を出すようなことにはならず、万事、上手くことが運んだのであった。


当初は、テレビ東京で低予算のドキュメンタリー作品(ロウ・バジェットといっても当時のテレ東では、そんなやりたい放題のラグジュアリーができるような放送枠は存在しなかったし、自分で弾き出した試算額はそもそも実現不可能な予算だった。)として、天使と悪魔のような高校生くらいの双子の姉妹が市井の人々のリアルな実生活の中を出たり入ったりするという内容のものをクリスが16ミリフィルムで手持ち撮影で撮りまくることを構想していたが、企画が進むにつれ、フジテレビで、35ミリフィルム撮影で約4倍ほどの予算がついた映画のような作品として制作し、大量にビデオ撮影された市井の人々のドキュメンタリー部分は予定よりも非常に少なめの扱いでほとんどがドラマのメイキング解説として放送された。



地球の反対側での最も苦難な映画作り

『花の影』取材時にレスリー、クリスの二人からこの夏から暫くの間アルゼンチンへウォン・カーウァイの新作映画の撮影に出かけるという話を聞いていた。後に俳優レスリー・チャンが、最も好きな出演映画として挙げることとなる映画『ブエノスアイレス』だ。皆、"暫くの間"だけ閉じた世界の窓口である香港から飛び出したつもりが、クリスマスの直前までの数ヶ月間、地球の反対側にあるアルゼンチンで足止めを喰らうこととなる。


途中、自身のコンサートで、何度かブエノスアイレスを離れることとなるレスリーの空白を埋めるため、台湾から呼ばれたのは、どこか若い頃のレスリーの面影があるチャン・チェンだった。彼の途中参加により、ストーリーは大きく変容して行く。おそらくパスポートをトニー・レオン演じるファイから取り返したレスリー演じるウィンはその後は行方知れず、チャン・チェン演じるチャンは旅を続け、ファイは、イグアスの滝への旅の後、台北経由で香港へと無事帰還する。「何処にいてもいつでも会おうと思ったら会いに行ける」と吐露しながら閉じた世界の窓口の都市へと還る話となっている。

2/3へ続く

28回の閲覧

© 2018 VOID LTD. ALL RIGHTS RESERVED